「さくらのとんねる」〜風見しんごさん 読んだ本

土曜日は お仕事中にも 広島では携帯の緊急地震速報が激しく鳴り響き

施術中のお客様と一緒に 一時休止をし 様子見をしたりしました。

ほんと 気持ちがザワザワします。

九州の お友達等からSNSを通じて 情報が次々に入ります。

これ以上の被害が もう広がりませんよう

切に願うと共に  遠く離れていても

今現在の各々が出来る範囲での支援をして行く事と、

そして 自粛等をし過ぎず でも誠実に経済の流れを停めない事も大事なのではないか、と思っています。

本当に 生きてると 心が潰れそうに痛む事は多く…。

そんな事を 夜  友達と話しました。

ちょうど土曜日に

娘さんを小学生の時に交通事故で亡くされ、その亡くなられた娘さんが生きてたら今 二十歳だった、という内容の書籍を出版された事で

風見しんごさんが広島市内の書店に来られており

その友達と「 行きたいね」とか話していたのですが

お互い仕事がいっぱいいっぱいで 結局 動けませんでした。

なので この (日)〜(月)の連休で書籍を 読ませて頂いている所です。

想像を絶する悲しみを経験された方に「頑張ってください」などと言えるものではないのですが

広島出身で ローカルでも馴染みが多い方ですので

いつかお会いして 「応援しています。」と お話したいな、と思いました。

えみるちゃんの事故のニュースをテレビで見た時は うちの娘達も同じ小学生で

私は全身 悪寒でザーッと青ざめてしまうようなショックを受け

子どもを持つ親としては 本当に心が潰れそうな出来事、

私自身も車の運転に今まで より一層注意を払うようになりましたし

小学生の登下校にも 過剰な程に見守りウオーキングをしたり、ものすごく気を遣うようになりました。

1日が始まって 1日が終わるという事が

当たり前ではなく 本当にありがたい事なんだ、と

切実に思えるようにも なりました。

ちょっと前に やはり 風見しんごさんが

亡くなられた娘さんが 登りたいと言ってた

「弥山」に家族全員で登った、という事を メディアで話されており、

私もそれが頭のどこかに残っていたのだと思います。

それで  この3月に

私も家族みんなで弥山に登れた事は 自分の中では とても良い事でした。

image

image

(弥山 山頂からの眺め⬆︎)

神様が住むと言われる「弥山」です。

神様 どうぞ 世界を 平穏な日常へ お導きください。と願わずにはおられません。

 

山城 希志子(やましろきしこ)

シェービングスタイリスト 理容師免許証番号 第50654号

保健所認可サロン

image

 

 

Follow me!

コメントを残す